タイヤ特集 日本ミシュランタイヤ ボリュームゾーンにも満足保証 対応車種の表示で選びやすく

2017年05月15日

ゴムタイムス社

日本ミシュランPC/LTタイヤ事業部 マーケティング部 成瀬朋伸ブランド戦略マネージャー


PC/LTタイヤ事業部 マーケティング部 成瀬朋伸ブランド戦略マネージャー

PC/LTタイヤ事業部 マーケティング部 成瀬朋伸ブランド戦略マネージャー

 この春、日本ミシュランタイヤは、「パイロット・スポーツ」シリーズ20周年に合わせ、「パイロット・スポーツ4S」を新発売した。この新商品を軸に、春の商戦にどう臨むのか、PC/LTタイヤ事業部 マーケティング部、成瀬朋伸ブランド戦略マネージャーに聞いた。

――昨年の商戦を振り返って

 昨春は、スポーツタイヤシリーズの新商品「パイロット・スポーツ4」を投入した。近年、17インチ以上の「ハイインチ」と呼ばれるカテゴリは、市場が大きく伸びている。おかげさまで「パイロット・スポーツ4」は販売が好調で、従来品に比べて10%以上伸びを記録した。従来品のユーザーがリピーターとなって、口コミで良さを伝えていただけたことも大きかった。ただ、かなりのストックを準備して販売を開始したにも関わらず、一部で在庫切れにより販売店やユーザーに迷惑をかけたことを反省している。今年はそのような事態が起きないよう、万全の体制で臨む。

――今年の販売戦略は

 基本的な戦略は、ハイインチのカテゴリをメインに、ボリュームゾーンの商品にも、ユーザーがアプローチしやすいようなプロモーション展開を進めていく。

ミシュラン・パイロット・スポーツ4S

パイロット・スポーツ4Sは、高次元のドライ&ウェットグリップと優れた応答性・操作安定性を備えるハイスペック・スポーツタイヤでありながら、タイヤラベリング制度においてウェットグリップ性能「a」を備えている「パイロットスポーツ」シリーズのフラッグシップタイヤ。

 この4月から「パイロット・スポーツ」シリーズのフラッグシップモデルとして、「パイロット・スポーツ4S」の販売を開始した。高次元のドライ&ウェットグリップと優れた応答性・操作安定性を備えるハイスペック・スポーツタイヤでありながら、タイヤラベリング制度においてウェットグリップ性能「a」を備えている。

 この「パイロット・スポーツ4S」と、昨年の「パイロット・スポーツ4」の両輪で、ハイインチのスポーツタイヤ・カテゴリをしっかり押さえていきたい。

 一方、「エナジーセイバー」などボリュームゾーンの商品については、今年から「ミニバン・軽ワゴンにも使える」という表示を開始した。

 弊社には、「全ての性能を妥協しない」という哲学が根底にある。どのクラスの車に装着しても、きちんと性能を発揮するという考え方から、あえて「専用タイヤ」を作らないようにしてきた。

 その反面、ユーザーからは「選びにくい」という声もあった。今回、対応する車種を表示したことで、例えばカー用品店のミニバンコーナーなど、車種別の売り場にも並ぶことになり、ユーザーが目にする機会が増えると期待している。

――満足保証プログラムについて

 弊社では2012年4月から、60日間履いて試せる「満足保証プログラム」を継続してきた。認知度も上がり、ユーザーの満足度が高いプログラムとして評価を得ている。
 これまでは、比較的価格帯の高い商品や、タイヤに興味がある層が使用するカテゴリの商品だけが対象だったが、今年から保証対象にボリュームゾーンの「エナジーセイバー」シリーズを追加した。これで、かなり広範囲のユーザーが「満足保証プログラム」をチャレンジできるようになった。先ほどの「ミニバン・軽ワゴンにも使える」表記と合わせて、今年のプロモーションの重要なポイントだと考えている。

SNSが普及してから、ユーザーはさらに厳しい目でタイヤを選んでいる。そこに、ミシュランが飛躍する可能性がある

――販促展開について

満足保証プログラムは、期間中、購入した対象商品に満足できず、別のタイヤ(他社商品含む)にはき替えた場合、購入時の代金(取付工賃含む)を返金するサービス。ユーザー満足度が高いプログラムとして評価を得ているとのこと

満足保証プログラムは、期間中、購入した対象商品に満足できず、別のタイヤ(他社商品含む)にはき替えた場合、購入時の代金(取付工賃含む)を返金するサービス。ユーザー満足度が高いプログラムとして評価を得ているとのこと。

 ツールとしては、ユーザーが持ち帰りやすいものという視点から、カタログと「満足保証プログラム」の応募用紙に絞った。店頭での販促ツールについては、最近はメーカー色を強く押し出すより、販売店が独自の売り方をする傾向もあり、最低限の……