取材メモ タイヤ技術搭載したランニングシューズ コンチネンタルタイヤ・ジャパン

2017年06月12日

ゴムタイムス社

アディダス社のランニング/トレッキング用シューズの靴底 タイヤに求められる最も重要な性能は、どんな路面状況でもしっかりとグリップする力、つまり「すべらない」力だ。そのタイヤ技術は、すでに人間が走る場面に応用されていることをご存じだろうか。

 世界屈指のタイヤメーカーである独コンチネンタル社は、2009年から、同じくドイツに本拠地を置くスポーツシューズメーカー、アディダス社のランニング/トレッキング用シューズの靴底に、ラバー素材を開発・提供している。

 タイヤとシューズのコラボレーションは、2007年、「グリップ力を高めた早く走れる靴が作れないか」という悩みを持ったアディダス担当者とゴムのエキスパートであるコンチネンタルの担当者があるワークショップで出会ったことで生まれたとのこと。グリップ力が強くなると、地面との接触が良くなって摩擦力が増すため、より速いタイムで走ることが可能になるという。

 コンチネンタル社は、これまでに培ってきたタイヤ技術、特にウェットグリップ性能の向上に関わるテクノロジーを投入し、アスリートが走るために最適なラバー素材の開発に力を注いだ。

  その結果、2011年のベルリンマラソンで、パトリック・マカウ選手(ケニア)がコンチネンタル社製ラバーを採用した「アディゼロ アディオス2」を履いて2時間3分38秒の世界新記録で優勝するなど、コンチネンタル/アディダスのコラボシューズが、世界各地の大会で記録更新に寄与している。

 また、アディダスジャパンの発表によれば、青山学院大学の駅伝チームが着用する「アディゼロ タクミセン ブースト3」にも、コンチネンタル社のラバーが使用されており、アディダスジャパンのサイトに掲載されている製品写真には、靴底にコンチネンタル社のオレンジ色のロゴがたしかに確認できる。

 これは、研究を重ねて極めた技術が、専門分野の垣根を越えて、さらに新しい技術とソリューションを生み出せるという好例だろう。これからも、タイヤをはじめとしたゴム製品技術が、新しい分野で花開くことを期待したい。

タイヤ技術を搭載したランニングシューズ 

関連キーワード: ·