ブリヂストン T・B用ソリューションツールを刷新

2017年11月28日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは11月28日、トラック・バス用タイヤのデジタルソリューションツール「ツールボックス」を刷新し、すでに展開済みのアジア、中近東・アフリカ、欧州、ロシア、南米に続き、12月から日本の一部拠点でも順次運用を開始すると発表した。

 ツールボックスは、ブリヂストンのスタッフが運送事業者を訪問した際に取得する基本情報や装着タイヤ情報、タイヤ点検結果、テストタイヤなどの情報を管理するツールで、80ヵ国以上に展開している。

 同ツールでは、運送事業者のタイヤに関する最新情報を、迅速・簡単にセキュリティの高いデータベースへ入力・更新することができる。登録されている情報を分析することで、従来より高い精度で最適なタイヤとその使用方法を運送事業者へ提案することが可能となり、安全運行とトータルタイヤコストの最小化に貢献する。

 また同社エンジニアが同じデータベースにアクセスすることで、よりユーザーニーズに即したタイヤ開発に活用することが可能となる。

 将来的にはツールボックスを、リトレッドタイヤ用デジタルソリューションツール「ベイシス」や、タイヤの状態を遠隔でリアルタイムにモニタリングする「タイヤマティクス」と連動し運用することで、タイヤライフサイクル全体のデータ管理・分析が可能となる。

 これにより、同社の推進する運送ソリューションビジネスの質をさらに高め、運送事業者への提供価値の向上を実現できる。また、同社はこれらの各種情報を迅速・効果的に分析・解析するデータサイエンティストの早期育成にも取り組んでいる。

ツールボックスイメージ図

関連キーワード: ·