横浜ゴム モータースポーツジャパンに出展

2018年04月11日

ゴムタイムス社


 横浜ゴムは4月11日、東京・台場で4月14日から15日に開催される「モータースポーツジャパン2018フェスティバル」に出展すると発表した。
 同社のタイヤブランド「アドバン」が2018年で誕生40周年を迎えるのに合わせ、新旧の代表的製品や、タイヤを装着したレーシングマシンを展示する。
 「アドバンスポーツV105」などの現行の人気製品に加え、1978年発売の第1号商品などが見られるほか、富士グランチャンピオンシリーズに参戦したアドバン装着マシンも展示されるとあって、ファンは見逃せない。
 このほか、全日本ラリー選手権で活躍するドライバーや監督によるトークショーなどのイベントも予定されている。

 現行商品では、多くのプレミアムカーに新車装着されているグローバル・フラッグシップタイヤ「アドバンスポーツV105」やプレミアムコンフォートタイヤ「アドバン dB V552」、ハイパフォーマンス・スポーティー・タイヤ「アドバン FLEVA V701」に加え、ストリートスポーツタイヤ「アドバン A052」「アドバン NEOVA AD08R」、競技用スポーツタイヤ「アドバン A050」などを紹介。また、歴史的商品では1978年に発売した「アドバン」ブランド第1弾商品「アドバンHF」や、1981年に発売した大ヒット商品で、昨年ヒストリックカー向けに復刻発売した「アドバンHF Type D」を展示する。

 また、同社がワンメイクサプライヤーを務める「FIAワールドツーリングカーカップ(WTCR)」などで使用されるホンダ「Civic Type R TCR」、歴史的マシンとして1971年から1989年まで開催された「富士グランチャンピオンシリーズ」に参戦した「アドバン」装着車両を展示する。

 その他、「SUPER GT」や「全日本ラリー選手権」で活躍するドライバーや監督によるトークショー、LINE@のお友達向け企画などを予定している。