ブリヂストンとグッドイヤー 米国に共同でタイヤ卸の新会社設立へ

2018年04月17日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは4月17日、ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーと、ブリヂストンの米国子会社ブリヂストンアメリカス・インク(BSAM)が、全米でタイヤ卸売事業を展開する新会社を共同で設立すると発表した。

 両社が設立するのは、TireHub, LLC.。出資率は50%ずつで、両社から独立して事業を行う。ジョージア州アトランタに本社を置き、必要な許認可を取得後、2018年半ばに設立予定。両社の卸売網を統合して、タイヤ事業の成長とブランド価値向上を狙う。

 新会社TireHub社は、既存のBSAMとグッドイヤー社の倉庫などを活用して全米各地に80以上の物流拠点を設ける。また、物流ネットワークを補完し、商品の在庫・販売・配送まで一貫したサービスを提供することで、全米のほとんどの販売店に毎日配送することが可能となる。

 乗用車用・小型トラック用タイヤの両社の充実した商品ラインナップを顧客に素早く供給することが可能となり、販売窓口を一本化した。さらに販売店のPOSシステムと統合できるオンラインのポータルを導入することにより、業界最高水準のサービスを目指していく。急伸する大口径プレミアムタイヤの需要増にも対応する方針だ。

 幅広い商品をオンデマンドで受注することで、商品の多様化に伴い在庫スペースの確保に苦慮しているタイヤ販売店を支援していく。

 

関連キーワード: ·