ブリヂストン 世界初のポリマー開発 ゴムと樹脂の特性を複合

2018年05月18日

ゴムタイムス社

ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマー。成分比をコントロールすることで、特性が異なる素材を作成できる。

ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマー。成分比をコントロールすることで、特性が異なる素材を作成できる。

 ブリヂストンは5月17日、東京・南麻布の同社グローバル研修センターで技術発表会を開催し、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマーの開発に成功したと発表した。

 グローバルイノベーション管掌の松田明常務執行役員新規ポリマーについて「一般的な合成ゴムより耐破壊特性が高い天然ゴムと比較して、耐亀裂性が5倍以上、、耐摩耗性が2・5倍以上、引張強度が1・5倍以上という性能」だとし「世の中に今までなかった画期的な素材」だと紹介した。

 今回開発した新ポリマー「High Strength Rubber(HSR)」は、ブタジエンやイソプレンなどの合成ゴム成分とエチレンなどの樹脂成分を同社独自の改良型Gd触媒を用いて分子レベルで結びつけることにより開発したハイブリッド材料。特長はゴムのしなやかさと樹脂の強靭さを兼ね備えていることにある。

 

グローバルイノベーション管掌の松田明常務執行役員

グローバルイノベーション管掌の松田明常務執行役員

 タイヤ材料の構成比で4分の1以上を占める天然ゴムは、引張強度と耐久性に優れており、タイヤの諸性能を維持するためには、天然ゴムを多量に使用する必要があるが、「新ポリマーは天然ゴムを凌駕する強度と耐摩耗性を有しており、より少ない材料使用量でタイヤに求められる様々な性能を達成できる可能性がある」という。

 また、ゴム・樹脂成分の割合を任意にコントロールできるため、特性が異なる様々な素材を作製することも可能になるという。

 今後は、オープンイノベーションでタイヤ以外の製品へのHSR適用についても積極的に検討し、「2020年代の実用化を目指していく」方針。

 

関連キーワード: