住友ゴム タイ工場① 18年には年産3500万本へ

2014年10月18日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は10月1~3日の3日間、5月に製造を開始したタイの農機用タイヤ工場はじめ、タイヤ第1・第2工場、モールド工場、さらに天然ゴム加工場と天然ゴム農園を報道陣に公開した。天然ゴムの採取から加工、タイヤのモールドから製造まで、タイヤ製造の川上から川下まで見学することができた。

第1工場、太陽工法で生産

第1工場、太陽工法で生産

 スミトモラバータイランドの設立は2005年。新工法「太陽」を導入した第1工場が06年11月に生産を開始した後、翌年10月に大量生産に対応する従来工法を導入した第2工場が稼働した。

 第1工場・第2工場、モールド工場を含めた総面積は61万㎡。 現在の生産能力は日産7万6050本、これを18年には日産10万本、年産3500万本まで引き上げる方針。

 同社では一つの建屋をユニットと呼んでおり、1ユニットに4基の太陽を配置している。1つの太陽で日産千本の生産が可能なため、1ユニットでは日産約4千本の生産が可能となる。
現在9ユニットが稼働しており、第10ユニットは建設中で、最終的には第11ユニットまで増設する予定。

 設備投資では通算1200億円の投資が終了しており、工場の完成形にほぼ近付いている。

従来工法で生産する第2工場

従来工法で生産する第2工場

 同社の長畑亨代表取締役社長は、「我々は世界最大のタイヤ工場を目指している。日産7万6千本という数字は規模だけでなく、品質、コストでも世界最大級の工場に位置づけられる」と自信を見せた。

 タイ工場の生産能力は、グループ全体の約21%を占めており、16年には26%になる見込みだが、今後、ブラジル、トルコ工場が稼働すれば、この比率は下がっていくことになる。

 スミトモラバータイランドで生産された製品のうち、84%が輸出用として北米・欧州・中近東などへ輸出される。残り13%がタイ国内新車向け、3%がタイ国内市販用となる。
 
 スミトモラバータイランドは06年に稼働を開始後、世界へのタイヤ供給基地として急速に拡大してきた。今後も、世界最大級のタイヤ工場として増強を進めていく。

モールド工場全景

モールド工場全景

 モールド工場は10年3月から稼働を開始。同工場ではタイヤ製造の加硫工程で使用されるタイヤ金型を生産している。

 生産された金型の80%はタイ工場向け、残りはインドネシア工場などの他地域に輸出している。同社の金型の内製比率は7割程度で、残りの3割は外部から調達している。今後も金型の生産能力増強を行い、モールド供給体制を強化していく。

関連キーワード: ··