ブリヂストン タイヤ摩耗状態の推定技術を開発

2014年11月24日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは11月14日、東京都中央区の東京コンベンションホールで、タイヤセンシング技術に関する説明会を開催した。

 実用化されれば、タイヤの摩耗状態をリアルタイムに把握することで、特に商用車で安全性の向上と経費削減につなげることができるという。

 説明を行ったのは、中央研究所研究第6部フェローの若尾泰通氏と同タイヤ情報ユニットの真砂剛氏。

 同社は「CAIS(カイズ)」の名称により、タイヤの接地面の情報を収集・解析し、タイヤに新たな価値を提供する技術の開発を行っている。

 すでに「CAISⅠ」「CAISⅡ」として、荷重・横力判定技術と路面状態判定技術の開発について発表しており、今回は新たに摩耗状態推定技術の研究である「CAISⅢ」を紹介した。

 CAISⅢでは、タイヤの内側に取り付けたセンサーでタイヤ踏面部の挙動変化を取得。その情報を解析することで、タイヤ踏面部の摩耗状態を推定し、運手席でリアルタイムに把握する。

 これにより、適切なタイミングでタイヤの交換が行え、安全性の向上につながる。さらに、偏った摩耗を防止するための最適なローテーション時期を把握し、タイヤを最後までむだなく使い切ることで、経費削減にもつなげることができる。

 センサーでは、タイヤが回転する際に発生する中心軸方向の加速度を測定する。摩耗したタイヤは路面に接した端の部分がたわむため、新品タイヤに比べて加速度が大きくなり、その変化を測定することで摩耗量が推定できる。

 データはセンサー一体型無線通信機でパソコンに送り、加速度情報から摩耗推定メジャーを算出。使用条件に合わせて、そのメジャーを補正し、数値を残り溝の深さに変換する。センサーで使う電力は、タイヤ内側に取り付けた小型発電機で発電する。

 実地試験では、トラックのダブルタイヤの外側にセンサー入りのタイヤを付け、高速道路で精度検証を実施。摩耗初期から中期までについて、誤差プラスマイナス1mm以内の高精度を達成した。現在は、低速領域と異なる取り付け軸での検証を行っている。

関連キーワード: