タイヤ各社 15年度モータースポーツ活動に注力

2015年04月20日

ゴムタイムス社

 タイヤメーカー各社は、15年度モータースポーツ(MS)のサポート活動を相次いで発表した。各社はMSをグローバルでのブランド戦略の一環と位置づける一方、レース経験で培う技術を蓄積し、安全・燃費性など市販用タイヤの性能向上にもつなげている。また、走りに対する「ワクワク感」の提供も重要な意義として捉え、ユーザーを対象としたイベントを開催するなど、すそ野を広げる活動に注力している。

◇ブリヂストン
 全世界を対象とする二輪車レース「FIMロードレース世界選手権」シリーズで、MotoGPクラスに公式サプライヤーとしてタイヤを供給するほか、10月にオーストラリアで開催される「ワールドソーラーチャレンジ2015」に冠スポンサーとして協賛。その他の海外では、欧州のニュルブルクリンク24時間レース、「ファイアストン」ブランドによる米国インディカー・シリーズなどでタイヤを供給する。

 国内ではフォーミュラレースのトップカテゴリー「全日本選手権スーパーフォーミュラ」に、単独サプライヤーとしてタイヤを供給し、ツーリングカーレース「SUPER GTシリーズ」でGT500クラス10チーム、GT300クラス2チームをサポート。二輪の鈴鹿8時間耐久ロードレースなどトップカテゴリー・レースに注力する他、ガズーレーシング86/BRZレース、ジムカーナなどの参加型モータースポーツも支援する。

◇住友ゴム工業
 「ダンロップ」ブランドの国内四輪では、人気の高い「スーパーGT」を中心に活動。「全日本ジムカーナ選手権」、「全日本ダートトライアル選手権」などの幅広いカテゴリーにタイヤを供給する。また、裾野を広げるべく「FIA―フォーミュラ4」など入門レースも支援する。海外では、独「ニュルブルクリンク24時間レース」などに参戦する有力チームへタイヤ供給を行う。

 二輪では「FIMロードレース世界選手権」の「Moto2」および「Moto3」クラスにワンメイクタイヤを供給。モトクロスでは「AMAスーパークロス」での6年連続制覇を目指す。国内二輪では、「全日本モトクロス選手権」、「全日本ロードレース選手権」などをサポートする他、気軽に参加できるロードレース「CBR250Rドリームカップ」にワンメイクタイヤを供給する。

 「ファルケン」ブランドでは、米「チュードル・ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ」や独「ニュルブルクリンク24時間レース」に参戦する有力チームにタイヤを供給。また、今年から「ポルシェGT3カップチャレンジジャパン」にワンメイクタイヤの供給を開始する。

◇横浜ゴム
 オフィシャルサプライヤーを務める「FIA世界ツーリングカー選手権」にADVANレーシングタイヤを、同じく米国「レッドブル・グローバル・ラリークロス」には、専用開発したワンメイクタイヤを供給。その他、海外では「ニュルブルクリンク24時間レース」、「アジア・パシフィック・ラリー選手権」、「マカオグランプリ」などに参戦する。

 国内では、最も人気のあるツーリングカーレース「SUPER GT」シリーズをはじめ、「スーパー耐久シリーズ」、「全日本ジムカーナ選手権」、「全日本ダートトライアル選手権」、さらに、昨年の10戦全てでヨコハマタイヤ勢が優勝を成し遂げた「ガズーレーシング86/BRZレース」などにタイヤを供給する。

 その他、MS振興促進活動の一環として、今年から「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ」制度を開始。対象となるJAF公認競技において、同スカラシップに登録したヨコハマタイヤユーザーの成績に応じてポイントを付与し、獲得ポイントによってヨコハマタイヤを支給。足元から勝利を支えていく。

◇東洋ゴム工業
 同社がサポートするドリフト競技チーム「Team TOYO TIRES DRIFT」が、「2015年D1グランプリシリーズ」に参戦。3月には鈴鹿サーキットで開催された「モータースポーツファン感謝デー」において、参戦レーサーによるドリフトパフォーマンスや、ファンクラブ会員を対象とした同乗走行を実施した。

 海外では、米国子会社のニットータイヤUSAが、人気の高いドリフトレースやオフロードレースをサポートしている。

◇日本ミシュラン
 「SUPER GT」シリーズにおいて、GT500クラス2チームにタイヤを供給する。また「ポルシェカレラカップジャパン」においては、2002年から続くオフィシャルタイヤサプライヤーとして引き続きレースを支援する。