横浜ゴム アメリカ工場が稼働④ 州知事も出席し開所式を10月5日に開催

2015年10月16日

ゴムタイムス社

開所式には州関係者など300名が出席した

開所式には州関係者など300名が出席した

 開所式には同州のフィル・ブライアント知事と州政府関係者の取引先、野地彦旬社長をはじめ横浜ゴム関係者など300人が出席した。

あいさつを行う野地社長

あいさつを行う野地社長

 あいさつに立った野地社長は「本日、第1期工場が完成し、当社は米国製トラック・バス用タイヤの生産を開始する。タイヤ産業は堅実な成長を続けており、同社はよりスピーディーにビジネスを展開せねばならない。その意味で、ミシシッピの地に最新の製造拠点を設立できたことは非常に大きな意味を持つ。起工式からわずか2年間で、米国経済を支えるトラック・バス用タイヤ生産ができるようになったのは、皆様のご支援・ご努力の賜物と大変感謝している」と述べた。

鏡開きセレモニーが行われた

鏡開きセレモニーが行われた

 ブライアント州知事などによる来賓あいさつの後、野地社長や来賓らによる鏡開きが行われ、最後に山本忠治YTMM社長が新工場の概要を、スライドを用いながら説明した。

◆ アメリカ工場の概要

会社名:Yokohama Tire Manufacturing Mississippi
所在地:米国ミシシッピ州ウエストポイント
会社設立:2013年5月
事業内容:トラック・バス用ラジアルタイヤ
総投資額:3億米ドル(フェーズⅠ)
資本金: 1.9億ドル
従業員数: 500名(フェーズⅠ)
生産開始:2015年10月
生産能力:年産100万本
敷地面積:500エーカー

関連キーワード: ·