【東京モーターショー2015】日本グッドイヤー 発電タイヤなど展示

2015年11月02日

ゴムタイムス社

 「第44回東京モーターショー2015」が28、29日、一般公開を前に報道陣に公開された。今回は「テクノロジー&ファンタジー」をコンセプトに、実用化に向けて開発が急がれている自動運転の試作車などの最新技術や、各社の理念を反映したコンセプトカーなどが披露された。ゴム関連企業も車の環境性や安全性、快適さなどを一層向上させる技術を紹介するとともに、自社の活動やコンセプトなどを来場者に知ってもらうための展示を行っていた。一般公開は10月30日から11月8日まで。

 日本グッドイヤーは「グッドイヤー・フューチャー・ラボラトリー」をブーステーマに、ブース全体を一つの研究施設(ラボラトリー)に見立て、革新的な最新技術を紹介した。

 今回、日本初公開となった2つのコンセプトタイヤは、発電タイヤ「BH―03」とモーフィングタイヤ「トリプル・チューブ」である。

 BH―03は、タイヤの発熱と走行時の圧力を電気に変換。実用化されれば、普及が進むハイブリッド車や、今後の成長が見込まれる電気自動車などの走行距離を伸ばすことが可能になると考えられる。

発電タイヤ「BH―03」

発電タイヤ「BH―03」

 トリプル・チューブはカーブやウェットなどの路面状況に応じてタイヤが変形することで、安全性と環境性の向上につながるタイヤである。

モーフィングタイヤ「トリプル・チューブ」

モーフィングタイヤ「トリプル・チューブ」

 ブースでは、コンセプトタイヤを展示するとともに、発電タイヤの仕組みを知ることができる体験コーナー、3D映像による迫力あるプレゼンテーションなどにより、技術を分かりやすく解説していた。

 

 同社は住友ゴム工業との提携を解消し、10月1日から米グッドイヤーの100%出資会社となり、新たなスタートを切った。日本市場を最重要マーケットの一つと位置付け、日本に適した商品ラインナップの強化を図っている。

 このため、ブースにはコンセプトタイヤのほか、低燃費タイヤ「Eグリップ」、オールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ」などの主力製品も展示して、積極的にブランドをPRしていた。

低燃費タイヤ「Eグリップ」

低燃費タイヤ「Eグリップ」