【東京オートサロン2016】日本グッドイヤー 「ナスカー」の世界観を紹介

2016年01月26日

ゴムタイムス社

 世界最大のカスタムカーイベント「東京オートサロン2016」が1月15~17日、千葉市の幕張メッセで開催された。
 主催は東京オートサロン事務局、東京オートサロン実行委員会。出展者447社、展示車両880台、3日間の来場者約32万人はいずれも過去最高で、タイヤ関連企業も国内外から多数参加した。

日本グッドイヤーのブース

日本グッドイヤーのブース

 日本グッドイヤーは「The Sprit of GOODYEAR」をテーマに、米国最高峰レース「ナスカー」の世界観を紹介することを通じて、グッドイヤーブランドが持つ力強さ・情熱・競争心・自信を表現していた。

ナスカーの実物

ナスカーの実物

 展示では、実物のナスカーを米国から搬送して出品したほか、ピクニックに行くような形でナスカーを観戦に行く、米国のナスカーファンのスタイルを再現していた。

米国のナスカーファンの観戦スタイルのイメージを再現

米国のナスカーファンの観戦スタイルのイメージを再現

 また、ステージイベントでナスカーの解説、ナスカーの元ドライバーである福山英朗氏、現役ドライバーの尾形明紀氏らのトークショーを実施。製品についてはドレスアップ用タイヤ、スポーツ用タイヤをメインに、「アクティブでワクワクするカーライフを足元から支える」製品を紹介した。

スポーツ用タイヤなどの製品を紹介

スポーツ用タイヤなどの製品を紹介

 さらに、場外特設会場で行われたドリフトのエキシビションで、グッドイヤー・レーシング・ドライバーによるデモランと同乗走行を行い、参加者にグッドイヤーの実力を知ってもらっていた。

関連キーワード: ·