住友ゴム フラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ・ネクストⅡ」を新発売

2016年10月24日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は10月21日、エナセーブのフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブNEXT(ネクスト)Ⅱ」を11月1日から発売すると発表した。

エナセーブ・ネクストⅡ

 同製品は新材料開発技術「アドバンスド4Dナノデザイン」を初めて採用することで、ラベリング制度における最高グレード「AAA―a」を達成するとともに、耐摩耗性能を大幅に向上させた。

 発売サイズは195/65R15・91Hの1サイズで、価格はメーカー希望小売価格2万1600円(税別)。

 アドバンスド4Dナノデザインは低燃費・ウエットグリップ・耐摩耗性能という、相反性能であるタイヤの三大性能を高い次元で両立するために、ナノからミクロンレベルまで、ゴムの内部構造を連続的かつ鮮明に解析し、シミュレーションすることを可能とする技術だ。

 同社ではこの技術の完成を昨年の「東京モーターショー」で発表し、今年中に採用商品を発売することを目指して開発を進めていた。

アドバンスド4Dナノデザイン1 アドバンスド4Dナノデザイン2

 「エナセーブ・ネクストⅡ」は、「アドバンスド4Dナノデザイン」を適用することでラベリング制度における転がり抵抗性能とウエットグリップ性能の最高グレードである「AAA―a」を達成しつつ、シミュレーションにより分子設計した「新フレキシブル結合剤」を採用し、低燃費性能とグリップ性能を高次元で維持しながら耐摩耗性能を従来品から51%向上することに成功。ダンロップ史上かつてない低燃費タイヤとして完成した。

新フレキシブル結合剤1 新フレキシブル結合剤2

関連キーワード: